昨日のこと。母がお昼ご飯を食べに外出したと思ったら、なにやら紙袋をさげて帰ってくる。

「百恵さんのキルトを見てきたよ」と。

なにやら、富山大和で4月26日まで開催していた『キルトフェスティバルin富山』なるイベントに行ってきたらしい。そこに、あの山口百恵さん(結婚されてからは三浦百恵さんですね)の作ったキルトが展示してあったというのです。

引退後は一切テレビなどに出ず、いまはキルト作家としてその道で有名な、三浦百恵さん。その作品は、パリッとしたブルーが冴える見事なものだったそう。

 

あぁいいものを見たと展覧会を後にしようとしたところ、出口付近に手芸作家さんたちの作品販売コーナーがあったらしく。そこで一目惚れして買ってきたのが、紙袋の中身だという。

どれどれ、と袋から出すと。

 

『やあやあ、こんにちは!』

 

なにやらかわいらしい形状のうさぎが出てきました。

ウールでできているから、とても柔らかい。とっても地厚でふわふわ。

ターコイズが混ざったような、藍色。素敵な色合いです。

おまけにコサージュまでつけて、オシャレさんです。

うーむ、こいつかわいい。

 

『しばらくここにぶら下がってますね!』

 

うむ。よかろう。

こいつのせいで、玄関が可愛らしくなります。

 

『キーリングになるんですよ!』

 

なるほど。意外と芸達者。

商売柄いろんなキーケースを見てきましたが、こんなに個性豊かなキーリングは初めてです。

 

作者は、松村明子さん。

どうもありがとうございます。大切にします。